基本的な理論は頭に入れておくべし

普通に投資の話になると、意外と他の人は株銘柄に愛着を持っている場合が多いです。
お金を殖やすこと以外にも、投資をやる意義っていうのはあると思いますが、
ちょっと本末転倒かもしれませんね。
でも、基本的な理論を外してはいけないなと心構えとして忘れないようにしていることはいくつかあります

 

例えば、資産を築くためには、どうしてもリスクをとらないといけません。
どれだけのリスクを許容できるかを自分に問う必要があるんですよね。
資産設計は長期的なものなので、最初は高いリターンを狙いたいと思っていても途中で変わってくることがあります。
そうした時は、無理をせずに自分のアセットアロケーションを変えていけばいいわけです。
あとは、運用は長期的な視座で設計されているので、なるべく複利効果を得るために早く始めること、
時間を分散させることによってリスクを抑えることなどです。
それと多くの日本人は株式など日本への投資を多くしてしまう傾向にありますが、
世界的に見れば日本市場はそんなに大きくありません。
だから世界に目を向けて外貨資産も持つことで為替変動による影響を受けにくくすることも大事なんです。
とりあえず自分の感情がコントロールできる範囲で投資はすべきだなってつくづく思います。